フェアトレードなValentine Dayを・・・☆

b0000228_1434140.jpg


念願かなって、今年はやっとフェアトレード・チョコを用意することが出来ました。

アジア、アフリカ、南米などの貧国の生産者と、対話と透明性の高い取引き(トレード)をして、仕事の機会を提供し、貧しい人々が自らの力で暮らしを向上させることを支援する、フェアトレード製品。その中でもチョコレートはフェアトレードの仕組みを説明するのに一番わかりやすい製品として取り上げられています。

世界中の子どもから大人までに愛されているチョコレートですが、その原料となる「カカオ豆」の原産国の大半は貧国です。日本で使われているカカオ豆の80%はガーナ産ですが、そのガーナを含むアフリカ諸国のカカオ農場では、何十万人の子どもたちが無賃で強制労働をさせられています。この子どもたちは1人15~30ドルで売られて農場にやってくる奴隷です。この子たちはカカオ豆が何になるのか全く知りません。チョコレートという存在すらも知りません。ただ彼らはカカオ豆を取るキツイ作業だけの人生を強いられるのです。

安くて、いつも私たちの手近にあるチョコレート・・・の裏にはこういうカラクリが潜んでいることを世界中の消費者はあまり知らされていないですよね・・・。
ある一部の先進国の企業が儲かる高級チョコレートではなくて、公正な賃金を得ている大人の生産者が栽培したカカオ豆で出来たチョコレートをこれからは選びたいものです。
今ではネットや一部の店舗でしか買えないかもしれませんが、消費者が望めば、販売店舗数も増えてきます。今まで買っていたチョコレート製品の全てをフェアトレードにするのは難しいかもしれないけど、見かけた際に1人が1回買うだけでも違うと思いますよ。
フェアトレードだから、このチョコを買う・・でもいいんですけど、このチョコ、ホント美味しいんです! オーガニックのカカオ豆と黒砂糖のやさしい甘みが口いっぱいに広がります。添加物なんてもちろん入ってないから、秋・冬限定の販売品です。愛や感謝の気持ちを込めて贈るValentine Dayを機会に、ぜひ、一度お試し、あれ。
[PR]
by kanyukumari | 2007-02-14 15:17 | M-s monologe
<< ☆GGJC第199回~205回... 祝☆The Police 再結成 >>