J-Cinema『The Producers』

今週ご紹介するのは、ブロードウェイ・ミュージカルの映画化で話題になっている『The Producers』です。

The Producersは、最初は1968年にメル・ブルックス監督・脚本の元、映画で公開になったのが始まりです。そのときにもアカデミー脚本賞を獲得しているのですが、そのお話を、メル・ブルックス本人が、ブロードウェイに持ってきたのが2001年。そして、このThe Producersは、トニー賞12部門、史上最多獲得という輝かしい記録を樹立し、その勢いを持って、同じキャスト・スタッフを使って、ミュージカル版のThe Producersを映画化したのが、今回の作品です。






だから、これ、舞台のお芝居なんです。

はじめっからテンション高くって、役者の動きもすっごくオーバーアクション。
本当に最初から圧倒感があって、なれるまで時間かかりました・・・。

でも、慣れてくれば、後はめちゃくちゃ楽しいです。

大体がもって、ヒドイ話なんですから!(笑)

ショウビズ界で確実に儲かる方法として、「最低のミュージカルをつくる」→「一晩で"ショウ"がコケる!」→「制作費を持ち逃げする!」・・・・・ん?、持ち逃げ??
そう、これ、詐欺の話なんです。

元売れっ子プロデューサーと、プロデューサーを夢見ていた会計士の2人が、一致団結して、「最低」のショーをつくるために奮闘する過程を、コミカルに、あけすけなセリフを交えて展開していきます。

この最低ぶりが、本当に最低・・・(笑)

アドルフ・ヒットラーをこよなく愛する史上最低の脚本家に、ゲイの演出家を探し出し、出来た作品は、ある日のヒットラーの一日を描いた、合唱ミュージカル!!!

(※これだけで、イスラエルでは、この映画大ヒット飛ばしてます!)

さぁて、このミュージカル、どーなったかは見てのお楽しみ、ってところです。

とにかく、気を抜いてられないくらいの、セリフ漫才やコント、笑いのコネタ満載なんですよ。久々に英語や、アメリカのムーブメントが解らなくて、クヤシーってところもありますが、戸田奈津子さんの字幕もかなりレベルが高いです!!
おばあちゃんが活躍するシーンがあって、モンティ・パイソンの「グレバッバ族」を彷彿させたり、もあったので、個人的には、もし、この映画、日本語吹き替えにしてもらえるなら、是非、広川太一郎さんと、青野武さんにやってもらいたいです・・・、な~んて、言っちゃったりなんか、したりしてぇ~、このぉ~。 ・・・あ、古いですね・・、すみません・・・。
[PR]
by kanyukumari | 2006-05-01 01:48 | J-Cinema 06
<< ☆GGJC第160回放送0429☆ ☆GGJC第159回放送0422☆ >>