HYDEPARK MUSIC FESTIVAL その2

GGJC放送日記にも書きましたが、24日に、コタキさんと私は、HYDEPARK MUSIC FESTIVALのボランティア説明会に出席してきました。会場は当初「サピオ稲荷山」の予定だったのが、NICKSというレストランに変更。参加者は5~60名、といったところでしょうか。。。




HMF開催に当たっては、有志市民の想いから始まってここまで来た経緯があり、よく言えば、営利目的ではない「夢・実現のためのPJ」であるため、その主旨に賛同するボランティアは多いと思うし、出来る範囲の協力をするのに厭う人は少ないと思う。しかし、昨日の説明会を聞いていても、正直よく解りませんでした。ぶっちゃけ、向こうの言い分としては、こちらは素人でよく解らないし、ちゃんと指示できないけど、貴方たちはボランティアとしての務めを全うしてください。・・みたいな感じ??具体的に、どういう人が欲しくて、どういう作業をして欲しいのか?が見えない会でした。船頭が多すぎますね。あっちで言って、こっちで言って。

今回私は、GGJCの番組として出席していたのですが、話によっては個人的にもボランティア参加しようかと思っていたくらいだったのですが、昨日の説明会を見て、ボランティア賛同書の記入もちょっと悩んでしまいました。※番組で宣伝するのもボランティアすることだから、というコタキさんの言葉により記入いたしました。なぜかと言うと、我々はチケット購入者なんです。ボランティアだとステージが見れないんですよ!だから、どーするか悩んでる訳です。

やっぱり物事を「創る」ってことは大変なんだなぁ・・・。と今回改めて思った、ってことなんですけどね。私は仕事上、いろいろな施策の企画や提案書をつくったりしているんだけど、実施部隊ではないので、そことの温度差をいつも感じていたりします。大変だと感じるからお手伝いしたいな、って思うんだけど、その人たちの痒いところに、なかなか手が届かないんですよね~。

HMFに関しては、とりあえず、今の段階で、番組で出来ることを中心に、頼める友人・知人を伝手に、宣伝・告知していきたいと思っていま~す。
・・・・・to be continue・・・・
[PR]
by kanyukumari | 2005-07-25 18:22 | M-s monologe
<< ほっとけないから、ちゃんと伝えたい。 皇帝ペンギン >>